トイアンナマーケティング学21

集客を考えるときはマーケティングと「善悪」を切り離そう

こんにちは、トイアンナです。 マーケターとして仕事をしていると、たまに「天才だ」と思わされるマーケターに出会います。たとえばドナルド・トランプは天才の一人です。正確に言えば、ドナルド・トランプのバックにいて、彼の原稿や発…続きを読む

マーケティングの集客を成功させる秘訣は「季節感」

こんにちは、トイアンナです。 大変遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。日本にお住まいの方であれば、新年には家族でおせちやお餅を召し上がったかと思います。つまりおせちを作るお弁当屋さんやお餅を生産する工場に…続きを読む

マーケティングはピンチを操る 英国のEU離脱を活かした集客ビジネス

こんにちは、トイアンナです。 私は今年よりイギリスに住んでいますが、ブレグジット(英国のEU離脱)が決まったときは国全体が「しばらく終わりだ」という沈痛なムードに包まれていたのを思い起こします。イギリスはブレグジットが決…続きを読む

マーケティングでV字回復を狙うイギリス紅茶市場 集客を取り戻す差別化の鍵は?

こんにちは、トイアンナです。 「イギリスといえば?」と連想ゲームをするなら、すぐに思い浮かぶのが「紅茶」でしょう。特に女性にとって、優雅なアフタヌーンティーは憧れです。ところがその紅茶、イギリスで斜陽となっています。調査…続きを読む

成功する美容室の秘密は「ホワイトスペース」

ご自宅の最寄り駅に、美容室は何軒ありますか? 私が大学時代に住んでいた東京ののどかな住宅街は、駅前に美容室が4、5件もあって 「さすがに多すぎないか」と考えたものです。 当時はマーケティングの知識もなく、美容室はさぞかし…続きを読む

ビール会社の差別化:飽和市場で成長するための挑戦

ビール会社の差別化:飽和市場で成長するための挑戦 「あえて敵を作る」差別化で飽和市場を成長させるビール会社   こんにちは、トイアンナです。イギリスで有名な飲み物といえばビール。 日本でもパブのチェーン店がいく…続きを読む

チェーンに学ぶビジネスの勝ち方:1億杯のコーヒーを1週間で売る

こんにちは、トイアンナです。   イギリスといえば紅茶のイメージがありますが、実はその国に激震が起きています。 実は現在、イギリスはコーヒー大国。コーヒー店業界の売上は17年連続で上昇しており、 昨年だけでも1…続きを読む

マーケティング深化論:目次

◆ 目次 ◆ 第1回:マーケティングはビジネスの「人間ドック」 第2回:「マーケティング」の基礎知識:モテる人はお断り 第3回:美容室をヒットさせるにはイケメンを雇え!? 第4回:売上に繋がるエクイティの育て方 第5回:…続きを読む