投稿

新・日本語

福沢諭吉と言えば、どんな人物を思い浮かべますか?
啓蒙思想家
慶應義塾の創設者
一万円札の人
どれも正解ですが、彼は偉大な「翻訳家」でもあります。

それは幕末。鎖国が解かれて外国文化・外国語が日本に入ってくると
困った事態が生じました。
Mountainなど、対応する訳が存在していた単語もありましたが
多くの言葉には、その概念自体が日本に存在しませんでした。
福沢諭吉はそんな中、多くの「新・日本語」を創造していったそうです。
例えば「自由」という言葉も、日本語として採用したのは彼なのだとか。

あるとき、福沢諭吉が「権利」という日本語訳に猛烈に
反対したことをご存知ですか?
自分の「利益」を意味する「利」という漢字を用いるべきではない、
不変の真理や道理を表すものとして「権理(そして通義)」とすべきだ、と
強く申し立てたそうです。
あくまで「権利」とするのであれば、未来に禍根を残すことになるとも
おっしゃったとか。
確かに、自分勝手なわがままが「権利だ!」と主張される現在
それは的を射た指摘だったように思えてなりません。

「言葉は生き物。しかも、魔物…」と私は日々感じています。
実際に、毎年のように新しい言葉が日本語として採用されて
有名な辞書にも載るようになるほど。
人間が使うようになってこそ言葉は「生きる」ようになるわけですが
ときにはそれが人間に作用を及ぼすようにも思えてなりません。

ジェイ・エイブラハム師は、たくさんの造語を生み出しています。
Relational Capital
Proprietary concept
など、翻訳の際に頭を抱えた造語は少なくありません。
いずれも、非常に道徳的だったり、概念自体は日本に昔から
存在するものだったりするだけに、難しさを感じます。

「きっとジェイさんの考えが日本でも広く受け入れられて
ジェイさんの造語が一般的な日本語として使われる日がくる」
そう思う私は、翻訳する者として、思い責任を感じます。
それは、ジェイさんのお考えの本質をできる限り正確に伝えられる
相応しい言葉や漢字を、何千何万の中から慎重に選んで
組み合わせていく作業です。

苦しいときもありますが、一万円札を見るときに、私は思うのです。
短期的な見方で「よさそう」な訳に飛びつく翻訳者ではなく
苦しくてもしっかり言葉と向き合って
その本質を伝えることのできる
強い翻訳者になっていきたいものだと。

(a_washiyama)


a.washiyama

a_washiyama:
ShimaFuji IEM 翻訳チームのメンバーです。
翻訳家としてまだまだ勉強中ですが、ジェイさんのお考えを分かり易く、正確にお伝えできるよう、邁進して参ります!

Commitment-コミットメント

昨年12月には、ジェイ・エイブラハム師来日セミナーのスタッフとして
イベントに参加させて頂き、とても刺激的な時間を過ごさせて頂きました。
もちろんセミナーの内容も素晴らしかったのですが、個人的にとても心に残ったのは
ミーティングのときにジェイさんがおっしゃった一言です。

「あなたの会社で働く人は、あなたに一生を捧げているのです。彼ら、彼女らが
あなたに必要とされていること、大切に思われていることを感じさせてあげなくては。
シングルマザーの社員がいるのであれば、彼女のためにもっと何かできることはありませんか?
彼女の息子さんのために何かしてあげていますか?」

通訳しながら思わずほろりとしてしまいました。

イベントで感じたことを書き出していけばキリがありませんが、
ここは「翻訳裏話」を共有する場ですので本題に移りたいと思います。

「一生を捧げている」と私が訳した言葉ですが、ジェイさんはcommitという単語を
お使いになったと記憶しています。
「結果にコミットする」とか「コミットメント」などの言葉を、最近では耳にするように
なりましたが、私はこのcommitmentの訳に悩むことがあります。

辞書で引いてみると、「献身する」「約束する」「決心する」という訳も出てきますが…

「結果に献身する」「結果を約束する」「結果を出すことを決心する」
どれもちょっと不自然なような…

だからこそ「コミット」とか「コメットメント」がカタカナで使われるように
なったのでしょうけど、なんだか言葉の重みが伝わらないような気がするのです。

Commitmentの語源を調べてみると、
Com「共に」または「いっさいを」+mittere 「送る」
という意味だそうです。
「ある事柄に、自分を送り込む」つまり「自分の身を捧げる」という感じでしょうか?

そう考えると、「約束する」とか「決心する」という訳ではしっくりこない理由が見えてきます。
それは、頭・心・体の全てを捧げる、という意味の言葉でなければならないからです。

一番近そうな言葉は…「献身」?
なんだか戦国時代みたい…と感じるのは私だけ?

「これだ!」という訳が見つからず、未だに模索中です。
その都度、文脈を見て一番良いと思える単語を当てていますが、ジェイさんの言葉の重みが
きちんと伝わるように努力を続けていきたいと思っています。

ちなみに、Company、つまり「会社」の語源ですが、
Com「共に」+panis「パンを食べる」
という意味だそうです。「同じ釜の飯を食う」と日本語でも言いますが、
「生きることを共にする仲間」という意味であることが分かります。

冒頭で紹介したジェイさんの一言ですが、まさに、この精神を示しておられると思いませんか?

(a_washiyama)


a.washiyama

a_washiyama:
ShimaFuji IEM 翻訳チームのメンバーです。
翻訳家としてまだまだ勉強中ですが、ジェイさんのお考えを分かり易く、正確にお伝えできるよう、邁進して参ります!

ゴールが見えるから社員は走り出せる 全員が活躍したくなる会社とは

こんにちは、トイアンナです。
私は外資系企業2社で経験を積んでから、他企業の外注マーケターとしても活動しています。
フリーランスになってからは自分の足で営業することも増え、昨年だけで少なくとも50社は訪問いたしました。

その中で分かったのは、社員が生き生きと活躍している会社と「給料のためだから仕方ない」と割り切って働く会社は、部外者にも一目瞭然だということです。今回は社員がやりがいを持って働けている会社の特徴をお伝えします。

明確なゴールがあると人は頑張れる

社員が全力で走っている会社に共通していたのは数値目標の存在。
それも、直観的に現場社員がいつでも確認でき、
あとどれくらい頑張れば達成できるか見えている目標値です。
私が訪問した企業では、こういったものが例として挙げられます。

・来年までにライバルのA社を超えて絶対に1位になろう
・この部門で昨年比120%の売上を達成するぞ!

ライバルの○○に勝つといったシンプルな数字であることや、
部門別に割り振られた数字であれば、社員はすぐ
「今自分がどこにいて、あとどれくらい頑張ればいいのか」
を考えることができます。

ここまでご覧になって、「ウチにもそういう目標はあるな」と思った方も多いのではないでしょうか。
実はここからが肝心なパート。

社員が活躍する会社には、数値目標と一緒に「5つの神器」が揃っていたのです。

<社員が生き生きと働ける5つの神器>

①目標があいまいな言葉ではなく、数字になっている
② ビジネスの目標が個人レベルの数字に落とし込まれている
③ その数字は社員が自分で決めた数値である
④ 社員がその数字を達成することで、社員もスキルが手に入る
⑤ゴールを達成した社員には休みやボーナスを支給する

特に最後の「ゴールを達成した社員には休みやボーナスを支給する」については、
うっ……と考える方も多いのではないでしょうか。
私も会社を支援していたときよく見た光景ですが、
社員が1番やる気をなくすのはゴールを達成した結果、頑張っていない人より仕事を増やされること

これをしてしまうと
「ゴールなんて達成しないほうが仕事は減るから適度にサボればいいや」と考えさせてしまうだけでなく、
下手をすれば離職まで思いつめてしまう方もいます。

あなたはもし10kmマラソンを走り切った後で、あと5km走ってこい!と言われたらどう思いますか?
それが「数値目標がんばったな!じゃあ残った期間であと500万稼いでこいよ!」
と言われた社員の気持ちです。

生き生きと働きたくなる魔法のフレーズ

もしモチベーションを上げる道具が足りないのなら……
イベントや慰安旅行よりも手軽な風土改革の方法があります。

「目標達成おめでとう!ボーナス乗っけるから、楽しみにしておけよ」
「よく頑張ったな!ところでお前ちゃんと休んでるか? 今度部長に休ませるよう言っておくから、羽を伸ばしてきたらどうだ」

この2つだけでいいのです。
日本ではまだ一般化していませんが、海外ではボーナスの代わりに追加の休みを部下へ与える制度があります。
たとえば有給をチケット制など目で見えるものに変えて、自由に上司が追加できるシステムにするのもいいでしょう。

数値目標を設定すれば、浪費を減らすことができる

ここまで経営論に近い話をしてきましたが、実はこのゴール設計、マーケティングで欠かせない要素です。
社長が達成したい目標を数字に落とし込んだものが全社でゴールとなり、ゴールに合わせて社員が現場で動くからです。

優れた数値目標は「余分な浪費」を減らす役目も果たします。

たとえば、社員からこんな提案があったとします。

・新しい携帯アプリが今ヒットしているんで、投資しましょう!
・A社もB社もこれをやって大成功ですから、追随しない手はありません
・これをやらなかったらC社に後れを取ります

新しいもの、競合がすでにやっているもの……これらはつい「それで行こうか」と言いたくなりませんか?

特に若手社員が提案してくる最新テクノロジーを使った提案などは、分かったフリをするだけで精一杯。
とても会議中に決断などしたくない状態でも
「申し訳ないけれど、その技術についてイチから教えてくれないか。なにぶん疎くてね」
と頭を下げられる責任者は少ないでしょう。
ひどい場合は若手と一緒に提案している直属の上司すら、勝手がわかっていないことがあります。

こんなとき、数値目標は
「あなたがどこへ集中すべきか」を示してくれます。
会議中にこう質問するだけでいいのです。

「それでゴールは達成できるのかな。
もし達成できるとしたら、どういう風にしてゴールの数字に繋がるか、説明してもらえますか」

この一言で社員は「新しい」「誰もがやっている」からといって手を出すだけでは
大やけどに繋がることを、あなたから学ぶことができます。
こうしててんでバラバラの投資をすることなく、社員はまっすぐ目標に向かって成果を出せるのです。
←「マーケティング深化論」目次

 

 


トイアンナ
大学卒業後、外資系企業にてマーケティング業務を歴任。
消費者インタビューや独自取材から500名以上のヒアリングを重ね、
現在はコーチングやコラム執筆を行う。
ブログ:http://toianna.hatenablog.com

警告:あなたの職場にもっと喜びを!

by ガイ・カワサキ
元記事:http://linkd.in/1yjgSpl
(※著者の承諾を得て翻訳しています)

順調に機能する、持続可能な職場をつくることは、あらゆるスタートアップが乗り越えなければならないチャレンジです。

まずは、あなたが職場をどのような場所にしたいのか、しっかりと把握するところから始めましょう。

メンロ・イノベーションのCEO兼チーフ・ストーリー・テラー、
『Joy, Inc.:人々が愛する職場を作るには』 の著者でもあるリチャード・シェリダンは、このように言っています。

「私たちの定義する喜びとは、すなわち、高品質な製品を設計し、生産し、 文化を守り抜くことにほかなりません」

喜びという言葉は、ビジネスでの成功を考えるときに、最初に思い浮かぶ言葉ではありません。
けれどもリッチが作った「喜び」を基盤に置いた職場は、
アルフレッド・P・スローン賞 (職場のフレキシビリティにおけるビジネス・エクセレンス部門)を獲得しました。

彼の思想に基づいたヒントを、以下にあげていきます。
『Joy, Inc』の設計図を生かし、あなたの職場を〈喜び〉の力で エネルギーに満ちた、情熱的なものに変えていきましょう。

Photo:FactoryWideShot By:Menlo Innovations
メンロ・イノベーションの社内

 1. 〈喜び〉を想像しよう

あなたが働きたい会社や職場を、計画的に作っていく、その第一歩を踏みだしてください。
あなたが楽しい会社を作ろうとしないかぎり、そんなものが偶然降ってくることはありません。

 2. コミュニティをつくろう

楽しそうな態度は、伝染しやすいものであり、あなたの従業員や、クライアント、
コミュニティ全体に広がっていきます。
喜びの上げ潮は、船をみな持ち上げるのです。

 3. コミュニケーションを活発に

開かれた労働環境のもとでは、会話が活発になり、自然に成長の機会が訪れます。
「変わりやすい場に置かれている従業員を、暖かく受け入れ、敬意を持って接する文化は、
ひらめきの才能をはぐくむのです」(”Joy,Inc”)

 4. ストーリーを語ろう

あなたの会社やチームの物語で、クライアントやビジターを引きつけてください。
「世間があなたの会社の物語を話題にするようになれば、たとえあなたがそこにいなくても、
あなたの会社の役割は、日々、毎分ごとに浸透していくでしょう」(”Joy,Inc”)

 5. 知識の塔を取り壊そう

休暇を取ることもできない、つねに呼び出しに備えていなければならない…
そうなってしまうような、ひとりの人間が欠けると、組織全体が行き詰まるような職場はいけません。
不可欠な人を作ることは、雇用の安定につながるように思えるかもしれませんが、
結局のところ、たったひとりの人間や、その人が属する組織に、
あまりに強大なプレッシャーをかけることにほかならないのです。

 6. 生活のためのデザインを

「あなたが何をして生活をしているにせよ、デザインが果たすべき役割はあります」(”Joy,Inc”)

デザインは、あなたの会社のストーリーを語るのを手伝ってくれます。
また、あなたのブランドのユーザーが、楽しく体験できる手助けをしてくれるものでなければなりません。

 7. 怖れをはねのけよう

「怖れは、喜びの最大の敵のひとりです」(”Joy,Inc”)

ですから、首脳陣が本当に大胆な決定を望んでいることがはっきりと伝えられない限り、
チームは怖れて大胆な決断をためらってしまいます。

ということはつまり、首脳陣も実際には大胆にはなりきれていない、ということなのでしょう。

 8. 成長のための失敗を

「小さく、素早く修正できる間違いは、大きく、修正に多大な時間のかかる致命的な間違いより好ましいものです」(”Joy,Inc”)

失敗することができ、成功し、生き残り、力強く進んでいくことができる、そんな場所に文化を創造してください。

小さな、素早く修正できる間違いは、あなたが学んでいる途中だということです。
大きく、時間のかかる間違いは、あなたが間抜けだということです。

 9. 規律を信頼する

あなたがどれほどハードワークだからといって、仕事の説明責任をそれで置き換えることはできません。
規律は結果を生み出します。
喜びと規律は対極にあるものではないし、喜びと無秩序は同義ではありません。

 10. チームワークの触媒になろう

メンロ・イノベーションでは、ペアリング・システムが採用されています。
毎週、異なる相手とペアを組み、それをローテーションすることで、個々の従業員のスキルを、最大限に引き上げていくのです。
このペアリング・システムは、チーム全体を強化します。
 
どのようにしたらあなたの仕事を 〈文化〉 と見なすことができますか?
 
どうすれば、仕事に喜びを組み込むことができるでしょうか?
どの企業が持っている文化(社風)にも、改善の余地があります。
そうして、あなたの社に喜びを持ちこむことこそ、まさに必要なのではないでしょうか。
 


元記事:http://linkd.in/1yjgSpl

 

(翻訳:服部聡子)