投稿

5月10日メンタークラブ地域勉強会大阪が開催されました

今回も北海道や静岡など遠隔地から参加された方や、初参加の方も交えて、熱い議論が活発に交わされていきました。

今回のテーマはジョイント・ベンチャーとリレーショナル・キャピタル(信頼関係の資産)。
どちらもジェイ・エイブラハムのカギとなるコンセプトですが、とりわけリレーショナル・キャピタル(信頼関係の資産)は誤って理解され、ジョイント・ベンチャーと混同されていることの多いコンセプトです。

自分のビジネスの足りないものは何だろう?
それを持っているのは誰だろう?
そう考えて、自分のビジネスが求めているものを持っている人と提携し、ビジネスを推し進めていくのがジョイント・ベンチャーです。

一方、リレーショナル・キャピタル(信頼関係の資産)の深い意図を理解しやすいように、実際のワークにして提供しました。

今回のメンタークラブでは、自分の実際にやろうとしているビジネスを、まずジョイント・ベンチャーの観点から、自分に欠けているのは何か、自分は今何が必要か、というところから話し合っていきました。それぞれが「自分に欠けているもの」を発言したところ、即座に、それなら私のところにある、私が関係者を知っているので今度紹介できる…とメンバーからの提案があり、新しいマッチングの可能性がつぎつぎに生まれていきました。

さらにその後、リレーショナル・キャピタルの観点から自分のビジネスを改めて見直す段階になると、今度は逆に自分の持っている(これまでに気づかずにいた)資産が明らかになり、それぞれのビジネスが、いっそう具体的になったり、ほかとのつながりが見いだせたりして、深まっていきました。

ほかの人に向けて自分の考えを説明することで、自分の中で整理され、また考えの足りないところや問題点が見えてきます。また、人からの意見を聞くことで、新たな視点を自分のものにすることができます。話し合うことを通して、新たなつながりが生まれていき、そのつながりがまたビジネスの新しい展開の可能性を開いていく…。それぞれバックグラウンドも違うし、経験も違いますが、志を持つ人同士の話し合いは、非常に密度が濃く、刺激的で、同時にとても温かく楽しいものでした。

メンタークラブでは、奇数月に行われる各地勉強会のほかに、各週のオンラインセッションも実施しています。無料で体験ができるので、興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

各地の勉強会は、それぞれの地域のリーダーが、関西は、代表島藤真澄が講師を務めています。島藤が発表したカリキュラムを、関西で参加したリーダーが各地に持ち帰り、ファシリテーションしています。

 


ハットリサトコ
ShimaFuji IEM 翻訳チームの一員です。出産・退職後、在宅で働ける資格を身につけるために翻訳を学び始めました。
約5年フィクション/ノンフィクションの下訳、ウェブ・ライターを経て、『限界はあなたの頭の中にしかない』に巡り合い、深い共感を覚え、ShimaFujiIEMのチームに加わわっています。

ジェイ・エイブラハムとお金と価値

ジェイ・エイブラハム氏の言葉にはいつもハッとさせられるのですが、その中でも大きく自分の考え方が変わった、お金と価値についてお話ししたいと思います。

会社やビジネスの話をするとき、英語ではmake moneyというフレーズがよくつかわれます。お金(money)をつくること(make)、稼ぐこと、儲けること、という意味があります。ジェイさんの言葉を翻訳していくうちに、このフレーズの印象が変わっていきました。

日本語で「お金を稼ぐ」や「儲ける」と聞くと、ずる賢いこと、卑しいことを暗に指しているようなイメージがありました。極端な例をあげれば、人を欺いて自分の利益を手にしている、「政治とカネ」など…お金は汚いものだというイメージが私の心のどこかにあったのだと思います。また、お金を稼ぐための労働は「汗水流してがんばる」もの、というイメージもありました。

ところが、ジェイさんのmake moneyというフレーズを読んでいると、そのようなネガティブなイメージはまったくないのです。特に、数か月前に行われたビジネスサミット・経営塾で、ジェイさんが満面の笑みで言ったひと言が忘れられません。

Isn’t it FUN to make money?
(お金を稼ぐって楽しいと思いませんか?)

これは、世界中の実例を紹介したり、そのセッションの参加者に自身のアイデアを伝えたりしたあとのひと言でした。

このセッションをはじめ、ジェイさんがおっしゃっているのは「あなたがまず価値を与えること、その対価としてお金をいただくのです」ということです。アイデアや方法によって自分が誰かに価値をもたらし、その価値を提供した相手には喜んでもらえて、自分は報酬が得られて、そしてまた、さらなる価値を提供して…という好循環を創り出していくことでもあります。この価値というのは、仕事だけにとどまりません。提供したものによって、その人の私生活を豊かにすることもあるからです。

お金をつくる、生み出す、稼ぐ、儲ける…さまざまな訳し方がありますが、ジェイさんのmake moneyは、仕事や人生を豊かにするものなのです。


watanabe_makiko:

ShimaFuji IEM 翻訳チームの一員です。
難解な言葉や韻を踏んだ表現、英語圏独特の考え方に出会うとワクワクします。その英語を通して、書き手や話し手の人柄が表われているからです。どのような日本語に訳していこうか、と考えながら日々格闘しています。

3.10ジェイエイブラハム・メンタークラブ関西勉強会が開催されました

3月10日 大阪中央公会堂大会議室において、ジェイエイブラハム・メンタークラブ関西勉強会が開催されました。

最初に14名の参加者が、4つのグループに分かれて着席しました。
初対面の方も多かったので、今回も前回同様、「他己紹介」のワークからのスタートです。

「他己紹介」というのは、初対面の人を文字通り「紹介」するワークです。相手のバックグラウンドなど何も知らないところで行うために、本当の「第一印象」のみの紹介なのですが、自分が初対面の人からどのように見られているかがわかり、これまで気づかなかった自分の「資産」に気づくことができるのです。

 今回初めて私も中に加わったのですが、相手の方の印象を言葉にする作業を通じて、自分が驚くほど多くの印象を受け取っていることに気づきました。それだけでなく、ふだん初対面の方と話をするというのは、緊張したり、ぎこちなくなったりするものですが、このワークを通すと、自然に打ち解けることができ、一気に距離が縮まっていくことが感じられました。

「他己紹介」の次に行われたのが、「導入ファシリテーション」として「コネクションゲーム」です。
まず、人数分用意された小さなメモ用紙に、メンバーそれぞれが、自分の頭に瞬間的に浮かんだ言葉をひとつ、書いておきます。その中から2枚をランダムに抜き出して、全員で相談しながら2つの言葉を結びつけていく、というワークです。

 ジェイさんは、さまざまな文書やセミナーの中で、繰り返し「点と点をつなぐ」ことの重要性を述べていらっしゃいます。点と点の関係性を見出すことによってビジネスが生まれる、関係のない人同士をつなげることで、新しいビジネスができてくるものだ、と。しかもそうした発想は、ある日突然生まれるのではなく、ふだんからのトレーニングが重要です。「コネクションゲーム」の目的もそこにあります。まったく異なる2つの言葉につながりを見つけるトレーニングなのです。

 それぞれのグループから「愛」や「精神」「夢」「ビジョン」といった抽象的な言葉や、「金」、あるメンバーが師事した先生の名前、眼鏡の汚れなど、具体的な言葉が結びつけられ。そこからミクストリアリティや、見ている側の視力に合わせてくれるブラウザの話、「慈悲」という言葉に含まれている「悲しみをとりのぞく」という意味がマーケティングの根本にあるのではないか、など、それぞれのグループでバラエティに富んだ話がなされていきました。

「言葉を磨く」

 いよいよ本日のテーマである、キャッチコピーやヘッドラインを作ることに進んで行きました。
 最初に確認されたのは、私たちが作るべきコピーというのは、イメージ広告ではなく、お客様のアクションにつながるもの、お客様の問題を解決してくれる場所であることがわかるとともに、ほかとは区別される「私」の特性が際立つUSPがはっきりと打ち出されていなければならない、ということでした。

 そのためにまず、自分にとってのお客様とは誰かを明らかにしていかなければなりません。自分はどんな人の問題を解決してあげたいのか、自分の理想とするお客様とはいったい誰なのか、お客様のペルソナを決定することから始めます。というのも、身近にいない、よくわからない人をペルソナにすると、たいていうまくいかないからです。

 自分がつきあっていきたいお客様のイメージを書き出し、その上で、その人の困っていることを、表向きと本音の2種類に分けて考えていきます。
というのも、「食器が多くて台所が片づかなくて困る」という問題を抱えている人は、本当は「ふだん寂しい毎日を過ごしていて、別居している子や孫にもっと来てほしくて、つい食器を買い込んでしまう」からかもしれません。その人の本当の困りごとや悩みに刺さる提案を行えば、その人は行動を起こせるからです。

 さらに、USPというのは、意外に自分が気づいていないところにある、ということに話は進んで行きました。人は、難なくできることについては、意外に無頓着なものです。むしろ、努力を重ねてやっと身につけた能力や技術の方を、高く評価してしまいます。ところが、本当のその人の強みというのは、難なくできること、なぜできるのか自分でもよくわからないことにあるのです。この指摘は、わたし自身も思い当たるものがあり、非常に腑に落ちるものでした。

 こうして自分のUSPを作っていくプロセスを全員で共有し、最後に参加メンバーひとりひとりが今日の感想を語っていきました。
なかでも車いすで参加してくださったメンバーの方が、一語一語絞り出すようにして発言してくださった
「理解の障害を取り除くことができれば、関係を築くことは難しくないと思いました」という言葉には、深く胸を打たれました。

 そのあと、ワークにもご参加くださった社労士の先生から、助成金についてのご説明があり、会場の制限時間ぎりぎりまで、実り多い話は続いていきました。

 メンタークラブの定例会は、今後も各地で開催されます。
和気藹々とした雰囲気のなか、内容の深い、共に学べる機会としての「勉強会」。
皆様のご参加を心から願っています。

◆ 今後の日程

3月13日(月) :東京:日比谷図書館会議室 18:30-21:00
3月14日(火):名古屋 :県産業労働センター特別会議室 18:30-20:30
博多, 北海道::未定

*5月は、13日の出版直前の開催となります。ふるってご参加ください
5月8日(月):東京 日比谷図書館小ホール 18:30-21:00
5月9日(火):名古屋 :県産業労働センター特別会議室 18:30-20:30
5月10日(水):大阪 中央公会堂 大会議室18:30-21:00

7月12日 (水):大阪 中央公会堂 大会議室18:30?21:00
7月20日 (木):東京(場所未定)
9月、11月もそれぞれの地域で開催します

メンタークラブとは


服部聡子(ShimaFuji IEM 翻訳チームリーダー)
出産・退職後、在宅で働ける資格を身につけるために翻訳を学び始める。
約5年フィクション/ノンフィクションの下訳、ウェブ・ライターを経て、
『限界はあなたの頭の中にしかない』に巡り合い、深い共感を覚え、弊社に。

ジェイエイブラハム メンタークラブ

ジェイエイブラハム メンタークラブ

利益を生み続ける”脳力”を鍛えるクラブ

スマホやPCで、いつでもビジネスのアイデア
アメリカ最新マーケティング情報を学べ、毎月新たな教材を配信。

リアルでの勉強会では2時間のワークによって
学びを実践に変えることができる。

上下関係のないフラットな関係性で、
ベテラン経営者と若者が席を並べて一緒に脳に汗をかく
すぐに数字につながるビジネスコミュニティ。

転職や起業に役立つだけでなく
ビジネスリーダーやコンサルタントに必要なスキルを獲得。

隔週のオンライン・セッションも追加参加可能になりました!

クラブ特典1

ビジネスに役立つ講座を毎月オンライン上でいつでも学べる

クラブ特典2

ジェイ・エイブラハムのQ&Aセッション動画毎月配信

クラブ特典3

地域の隔月勉強会に参加可能

クラブ特典4

リアルビジネスを促進するオンライン・セッション(隔週)にどこからでも参加可能

クラブ特典5

サミット2017にクラブ生用2万円特別オファー(1年継続が条件)

得られる結果

メンバー全員がフラットな関係性を維持。チームビルディングとコーチングスキルで、コンサル結果が得られます

他の経営塾とは徹底した違い。それは”上下関係をつくらない”という、Jay Abrahamの強いこだわりです。古株が新米メンバーに偉そうにする〜そのような関係性は、このクラブには存在しません(ただし無礼は別問題)。
何かの問題についてメンバー全員が自由に意見をし、思考を深めていきます。ファシリテータはそれを妨げません。若い才能を引き出し、対等な目線で柔らかな思考を面白がる。それは孤独な経営者の心を鍛える訓練にもなります。
参加者の肩書きや身分は一切関係ありません。中学生から大人まで、人間力を鍛える場。それがメンタークラブです。

たった1つアイデアを取り入れただけで利益2倍になった会社は珍しくありません。毎月の教材と卓越論の見直しで一流意識を保持できます

ジェイ・エイブラハムが人生をかけて長い経験で培ってきた、様々な考え方から具体的アイデアまでを教材にしてお届けしています。各地で行われる質疑応答の様子は、「質問の質が得られるものの大きさを左右する」ことの実例です。
単に聞き流してしまうともったいない。何度も何度も視聴し、メンバーに質問し、自身の血肉に変えていきます。利益2倍なんて控えめな数字だと、すぐに納得できるでしょう。

従業員教育に用いることで助成金対象にもできます。ご子息の経営者マインド育成に学生の出席も可能です

従業員研修として出席をさせれば、普段絶対に接することのできないトップクラスのビジネスパーソンの「振る舞い」や仕事に対する向き合い方を経験することができます。後継者育成に要となる「利益の上がる思考のクセ」は、一度や二度のセミナー参加ではなかなか思考パターンは変えられません。過去の事例をどんなに聞いても「良い話」で終わりです。世界最前線のマーケティングを学び、経営者マインドを身につけてもらいます。

就職や転職に有利なビジネス思考と数値意識、グローバル化で英語以上に重要な思考パターンを学べる

グローバル化で日本人が理解されにくいのは、英語の問題ではありません。どんなに流暢に英語が話せても、そもそも何を話しているのか諸外国の人には理解されにくいのは、思考パターンの問題です。論理的な思考法と話の組み立てができてくると、交渉術にも長けてきます。その秘訣をお伝えします。

毎月お届けする内容

・ジェイ・エイブラハムの動画教材
・ジェイ・エイブラハムのビジネスレター最新版(コピーライティングの教材になるもの)
・外資系マーケター:トイアンナのマーケティング講座
・その他

グループセッション・スケジュール

地域勉強会は、米国最新教育心理学を加味したワークショップ形式で非常に好評をいただいておりますが、それに加えて、インタラクティブ・オンライン配信システムを使い(無料)、TVシステムによるグループセッションを提供します。

実際のビジネスが生まれる瞬間に立ち会い、自身の資質がマッチすればそのビジネスに参加のチャンスも生まれます。実際にリアル勉強会で生まれているジョイント・ベンチャーを体感いただきます。
主に、第1週がビジネスマッチング、第3週がマーケティング実践訓練となります。
オンラインセッション(どこからでも参加可能)

【各月第1週木曜日:19:00~20:20】
 19:00~19:15:ジェイエイブラハムの最新情報提供
 19:15~20:00:ビジネスネタを提供し、それのローンチ(事業化)に向け皆のもつ資産で何ができるかブレスト及び戦略設定する訓練。実際のビジネス参画へのチャンスあり。
  20:00~20:15:本部よりご連絡

【各月第3週木曜日:19~20:20】
 19:00~19:15:ジェイエイブラハムの最新情報提供 
 19:15~20:00:マーケティングの題材を提供し、それぞれのビジネスに当てはめた場合のプラン設定とグループセッション(少人数に分かれてオンライングループ討論)。
 20:00~20:15:本部よりご連絡

4月6日(木)19:00~20:20
4月20日(木)19:00~20:20
5月はイレギュラーです 
5月2日(火)19:00~20:20 
5月18日(木)19:00~20:20
参加希望をいただくと、ミーティング参加URLをお送りします。スマホでもPCでもご参加可能。
体験ご希望の方は、お申し込みフォームまたは、お問い合わせよりご連絡ください。

リアル勉強会スケジュール(会員はどこでも参加可)

地域勉強会
3月10日(金):大阪:中央公会堂大会議室 18:30〜21:00
3月13日(月) :東京:日比谷図書館会議室 18:30〜21:00
3月14日(火):名古屋 :県産業労働センター特別会議室 18:30〜20:30
4月8日(土):博多:アクロス福岡 703号室 18:30〜20:30
北海道:4月中に開催予定

*5月は、13日の出版直前の開催となります。
5月8日(月):東京 日比谷図書館小ホール 18:30〜21:00
5月9日(火):名古屋 :県産業労働センター特別会議室  18:30〜20:30
5月10日(水):大阪 中央公会堂 大会議室18:30〜21:00
7月12日 (水):大阪 中央公会堂 大会議室18:30〜21:00
7月20日 (木):東京(場所未定)
9月、11月もそれぞれの地域で開催します
 体験ご希望の方は、お申し込みフォームより参加申請ください。
 img12

 

参加費

 月額5,800円


 

体験ご希望の方は、お申し込みフォームより参加申請ください。

イベント

何も見つかりませんでした

Sorry, no posts matched your criteria