今の仕事をやめて起業する前に問うべき質問

フルタイムの仕事という安定を捨てて起業することは、危険が伴うことであり、多くのストレスがかかるものです。その大きな一歩を踏み出すにはいつが最適なのか、どうすればわかるでしょうか?今の仕事をやめる前に問うべき質問を、以下にあげます。

1. 現在の仕事がただつらい(不満、つまらない)だけではありませんか?
現在の職務に対して不満があるという理由だけで、起業したいと思う人がいます。綿密なビジネス・プランを立てることで、一時的な感情に任せた決断を避けることができます。今の仕事をやめたいという気持ちに加えて、成功する見込みのあるビジネス・アイデアと、マーケティングと経営に関する良いプランがなくてはなりません。計画を立案するときは、今の仕事と収入をできる限り長く維持しましょう。

2. 複数の役割を進んで果たすことができますか?
ビジネスを始めるということは、いくつもの帽子をかぶるようなものです。あるときは技術担当者、あるときは販売員、あるときは清掃スタッフとなるのです。ですから、今の仕事をやめる前に、「私は、マーケティングからメンテナンスまで、さまざまな役割を果たすことに対して不満を抱かないだろうか」と問うことが必要です。

3. あなたの強みと弱みは何ですか?
複数の役割を考慮するとき、自分の得意なこととそうでないこと(改善・向上させるべきこと)について、自分に正直になりましょう。プログラミングのスキルを強化すべきなら、そのスキルを持つ人を探してパートナーになってもらいましょう。

将来のお客様や競合は誰でしょうか?あなたが考えているビジネスのコンセプトに関わる市場について、すべてテストをすることはできないかもしれませんが、少なくとも、お客様は誰か、どんな競合がいるのか、理解しておくべきです。

4. あなたをサポートしてくれる人たちも乗車していますか?
起業へとスムーズに転換していくために、起業のプランを家族に伝えるべきです。ビジネスを始めるにあたって必要とされる代償や妥協も含めて、家族は応援してくれるでしょうか?起業のリスクについて、はっきりと話しましょう。ある人が起業をすると、その人の家族も何らかの影響を受けるからです。家族をはじめ、あなたをサポートしてくれる人たちが自分のアイデアを支援したがらないという場合は、今の仕事をやめることは考え直したほうがよいかもしれません。

5. バックアップがありますか?
起業する前に代案を用意しておけば、無防備なところを不意に襲われずに済むかもしれません。一時的にお金が必要なときに、パートタイムで何か仕事をすることができますか?または、フルタイムの仕事を新たに始めて、起業プランは保留にしておくことになるでしょうか?リクルーターや現在の(または過去の)雇用主などと関係を築いておきましょう。

6. 取り返しのつかない状況を避けるためには、どうすればよいでしょうか?
今の仕事をやめると決心した場合、その雇用主もあなたの起業を助けてくれるかもしれない、ということを覚えておいてください。突然退職するのではなく、良い関係のまま退職する方法を見つけましょう。


(出典: Dizik, Alina. “10 Questions to Ask Before Quitting Your Job to Start a Business.” Entrepreneur Magazine. March 13, 2013.)


弊社ビジネスクラブのメンバー様向けに、起業適正検査用の質問用紙もご用意しております。クラブに参加を希望される方は、こちらまでお問い合わせくださいませ。

(翻訳:渡部真紀子)

サメのようにイノベーションをおこなうには

(※この記事は”http://blog.startwithwhy.com/refocus/2012/08/how-to-innovate-like-a-shark.html“を翻訳したものです)

by サイモン・シネック

 

1975年のことです。
大作映画に名を連ねた経験のない若い映画監督が、ホラー映画を撮ろうとしていました。彼の名は、スティーブン・スピルバーグ。

スティーブンは、サメが襲ってくる血みどろの暴力的な映画を構想していました。 人を殺すことしか考えていない巨大な化け物が、何も知らない餌食を襲うところを、観客に見せつけたいと思ったのです。

ところが問題がひとつありました。映画で主役を演じるはずの機械仕掛けのサメは、期待通りの動きがほとんどできなかったのです。若い監督が想定していたサメの襲撃は、まったく撮ることができませんでした。

機械仕掛けのサメに不満を覚えた撮影チームが、ついに解決策を見つけました。彼らは暴力を、私たちの想像にまかせたのです。

観客が見るのは背びれだけ。
次にある人物の姿が海中に消えます。
すると海面が真っ赤に染まる。

それだけでした。ほかのシーンでは、私たちは背びれさえ目にしません。

私たちは、黄色い樽が海面を横切っていくのを見て、深いところにサメがいる、樽にとりつけられたロープを引っぱりながら、次の獲物に向かっているのだ、と想像するのです。

その効果はあまりにも強烈で、私たちの社会全体に大きな影響を及ぼしたほどでした。

もちろん、サメの存在は、誰もが知っていましたが、サメがビーチに近づくことなど、ほとんど考えたことがなかったのです。

ところが『ジョーズ』の映画以降、サメに対するヒステリックな反応が急増し、今日にいたるまで残っています。実は毎年、イヌに殺された人の方が、サメに殺された人よりも多いのですが。

スピルバーグがブレインストーミングの会議で『ジョーズ』のストーリーを語ったときは、そのような計画はまったくありませんでした。自分の望んでいるとおりのものが得られないとわかったときに、その解決法が浮かんだのです。ろくに動かない機械仕掛けのサメが、彼にもうひとつの解決法を見つけさせたのです。

私たちは、イノベーションというものは、豊富な資金とリソースのあるところに生まれる、という誤った信念を持っています。

実際は、まったく反対なのです。リソースの不足しているところに、資金の足りないところに、何かがうまくいかなくなったそのあとに、私たちにほんとうのイノベーションが可能になるのです。どうやったら効果があがるのだろう、と、繰りかえし想像力を働かせたのちに。

そこに、大企業がほんとうの意味で、革新的な商品を製造することがまれな理由があります。望むものなら何でも作れるほど、豊富な資金もリソースもあるからこそ、なのです。

問題は、彼らが新しい方法をどうしても見つけなければならないというせっぱ詰まったものを感じておらず、そこまで革新的なものを求めていない、というところにあります。

一方、小さな会社というのは、大企業に比べて、大きなアイデアが生まれやすいといえます。お金もリソースも乏しく、彼らには自分たちの持っているものを、いかに働かせればよいかを、わかっているからです。

そうして大企業はそのアイデアのために、小さな会社を買収するのです。

誤解のないように言っておくと、スピルバーグもまた、映画学科の学生でした。機械仕掛けのサメがなくても、自分の知識から解決できたかもしれません。

彼はアルフレッド・ヒッチコックが、サスペンスを盛り上げるために用いたテクニック、不吉な音楽や、単純な小道具の使い方、出来事がすべて終わってからの見せ方などを知っていました。サスペンスとは、私たちの目の前で起こるものではなく、想像力の内部で起こるものだと知っていたのです。

知ってはいても、その知識をどうしても使わなければならないときが来るまで、活用する必要はありませんでした。

そうして、多くの人がもっと多くのものを生み出すことができない理由もそこにあります。

大企業には頭の良い人も大勢いるのに、必要がないために、自分の聡明さを活用しないのです。必要なリソースならすべてそろっているからです。

それに対して、賢い実業家は、自分の知性に頼るしか選択肢はありません。そうして、彼らは大企業の外で、毎日イノベーションを成し遂げているのです。

イノベーションは、夢から生まれるものではありません。苦闘から生まれるものです。イノベーションの核心は、未来を築くためのものではありません。今、ここでの問題を、解決しようとするものなのです。

そうして、最高のイノベーションとは、ちょうど『ジョーズ』のサメのように、そこにいることに気がついていない「何か」なのです。

 

著者:サイモン・シネック


元記事:http://blog.startwithwhy.com/refocus/2012/08/how-to-innovate-like-a-shark.html

翻訳:服部聡子
出産・退職後、在宅で働ける資格を身につけるために翻訳を学び始める。
約5年フィクション/ノンフィクションの下訳、ウェブ・ライターを経て、
『限界はあなたの頭の中にしかない』に巡り合い、深い共感を覚え、弊社に。

 

 

 

起業の失敗から学んだ7つの教訓

by キマンジ・コンスタブル

(※この記事は”http://www.entrepreneur.com/article/237129” を翻訳したものです。)

無我夢中のままビジネスを立ち上げたのは、私が19才のときでした。短期間で3つの州に規模を広げで、5人の従業員を雇い、500,000ドルもの総収益を上げるまでになりました。ビジネスは順調でしたが、経営について無知であった私は、すぐにどうしようもない状況に陥ってしまいました。

事業を始めて6年が経ち、ずさんな経理の結果100,000ドルもの借金を抱えました。起業家としての夢は悪夢と変わったのです。私のこの経験から若い起業家が知るべき教訓についてお話ししましょう。

エコプレナーによると、18才から34才までの青年アメリカ人の54パーセントは起業家になりたいとの気持ちを持っているということです。ただ、起業家精神とは素晴らしいものですが、それもビジネスを適切に行うことが条件となります。

1. 顧客が誰であるかを明確にする

もしもあなたが「何でも屋」であるならば、ビジネスを成長させるのには苦労するでしょう。マーケティングなどのご自身の努力はまばらになります。セス・ゴーディンは

世界中の人にアプローチしようとすれば、結局誰にも届くことはない。

と言っています。

理想の顧客像について、明確であるほど上手く行きます。新規顧客を見つけ、アプローチするためのベストな手段を見つけるのに役立つでしょう。新しいビジネスを見つけようというあなたの努力が、焦点化されるのです。

2. 実現不可能な約束をしない

ハフィントンポストのブレント・ビショアーは、

あなたの顧客に奇跡を約束するならば、本当に奇跡を届けるべきだ。

と語っています。あなたのビジネスを成長させるならば、しっかりと約束を守るビジネスを心掛けてください。ビジネスを立ち上げた当初は、自分の限界を感じることもあるでしょうが、気にすることはありません。あなたの強みに焦点を当ててください。

3. 整理整頓

あなたが整理整頓できていないと、まわり人がフラストレーションを抱えることになります。従業員、顧客、そしてあなた自身のメンタル面もです!

整理整頓はビジネスが順調に進む上で重要なものです。整理整頓を怠たれば、顧客はあなたとのビジネスから身を引くでしょう。物事を簡潔化し、ビジネスを整理するようにしてください。

リーン・スタートアップ・モデルは、このシンプルさゆえに成功を収めています。

 4. 自分の税金を把握する

税金について詳細に書かれている本はたくさんあります。プロフェッショナルな人材を雇ってください! 税金の管理を間違えば、多くの事業が失敗するでしょう。過去多くの人たちが犯してきた過ちをあなたのビジネスで繰り返さないでください。

5. ビジネスを成長させる要素に焦点を当てる

企業家にとって重要な教訓の一つに、どのように時間を配分するかということがあります。仕事を成長させることに時間を割いてください。仕事に没頭するということではありません。スマートフォンをもっていれば、世界の知識はあなたのポケットにあるも同然です。ただ、これは幸せなことでもあり、同時に不幸なことでもあるのです。

ビジネスを成長するためにリサーチを重ねることで、情報過多の弊害を被ってしまうこともよくあることです。「起業家がやるべきこと」というタイトルで宣伝されている輝かしい成功談などには、惑わされないようにしてください。

6. 具体化するスピードが重要

起業家は、たくさんの良いアイデアをもっています。しかし、本当に成功する起業家は、良いアイデアを将来性のある製品やサービスに具体化することができます。

あなたが市場には常にベストの商品を出したいと思っていても、ベストな商品を生み出すには、時間が必要であり、顧客からのフィードバックが必要です。アイデアが浮かんだら、そのアイデアを試作品として、市場に出してみてください。

顧客には商品は試験段階にあり、開発中であることは伝えましょう。最初から完璧な商品を作ることにこだわる必要はありません。試験段階の商品を使ってみた顧客のフィードバックは最終的な商品の質を生み出すのに必要不可欠なものです。

7.失敗や逆境からすぐに立ち直る

失敗に対する恐怖は、起業家が抱える大きな不安の一つです。けれども、トーマス・エジソン、スティーブ・ジョブスやその他偉大な起業家たちに共通することは彼らがみんな失敗したことです。

有望な起業家は、自分の失敗を、一時的な後退ととらえ、ビジネスの終りと考えることはしません。失敗を経験するとき世界の終りであると考えるのではなく、この逆境をバネにさらに強くなって戻ってくると決意するべきです。

 

私はこれらの教訓を経験しながら再度復帰し、自分のビジネスを元に戻すことができました。結果的に仕事も上手く行き、借金の支払いもすべて終わりました。現在はハワイのマウイでビジネスを成長させています。

「知ったかぶり」の起業家にはならないでください。
以上の教訓を学べばあなたのビジネスは成長して行きます。

 

 

著者:Kimanzi Constable 起業家、著作家、コーチ


この記事は”http://www.entrepreneur.com/article/237129” を翻訳したものです。

訳:服部聡子(ShimaFuji IEM 翻訳チームリーダー)
出産・退職後、在宅で働ける資格を身につけるために翻訳を学び始める。
約5年フィクション/ノンフィクションの下訳、ウェブ・ライターを経て、
『限界はあなたの頭の中にしかない』に巡り合い、深い共感を覚え、弊社に。