ジェイ・エイブラハムが感銘を受けたアドバイス

Q: ジェイ・エイブラハムさんが今まで受けてきたアドバイスの中で、感銘を受けたアドバイスは何ですか?

A: 「興味深い人になるためには、他人に興味をもちなさい。多くの人は、人の話の聞き方を知りません。」

「自分を、居心地の良い知的経験や収益レベルをはるかに上回る、居心地が悪い環境に置き、強制的に自分自身を成長させることが必要です。」

「精神、身体、知識、人間性を成長させていくことが、人生におけるさまざまな豊かさの鍵となります。」

まだいくつも挙げることはできますが、いくつか挙げるとすればこの3つです。

(Bulletproof 360のCEOデイヴ・アスプレイとのインタビューから抜粋)


(渡部真紀子)

ジェイ・エイブラハムが伝えたい3つのこと

Q: ジェイ・エイブラハムさんの知識と経験から、仕事や人生において、向上していきたい、より良く生きたい、という人に対してアドバイスを与えるとしたら、どのようなことをお話ししますか?人が知っておくべき3つのことを挙げていただけますか?

A: 情熱、目的、可能性です。

情熱とは、たとえば仕事なら、仕事の内容だけではなく、誰のために行うかということ、その人に対する情熱を持たなければなりません。その人と恋に落ちなければならないのです。好きではない仕事をして、誰のためかという点も気に入らなければ、その仕事はすべきではありません。誰のためかというのは、雇用主の場合もあるでしょうし、市場の場合もあるでしょう。

目的については、私の親しい友人が書いた論文には、「人は倍増者か減少者のどちらかである」と書かれています。実業家、ビジネスリーダー、経営幹部、従業員など、どのような立場であってもです。人を向上させていて、社会に価値をもたらし、業績や人間性を向上させているか、それとも、哲学的かつ比喩的に、周囲から酸素を吸い取っているだけか、ということです。私は、人は自分自身を革命家、あるいは任務を帯びた者として考え、自分の役割を見出していかなければならないと思っています。ビジネスで何をするにしても、そうしていく必要があると思います。意義のある商品やサービスを提供して影響を与えるという点において、一番のリーダーになる必要はありません。また、多くの人は恐れていると思います。ネガティブな言葉は言いたくないのですが、別の分野に踏み込むことを恐れていると思うのです。これは非常に残念なことです。

ヘンリー・デイヴィッド・ソローの言葉に、「多くの人たちは静かな自暴自棄の生活を送っている」というものがあります。私たちは情熱を持たなくてはなりません。目的を持たなくてはなりません。そしてそのうえで、恵まれていれば、どれほどのことが可能なのか、ということを私は目にしてきました。これはあらゆるもの、たとえば、時間、努力、人との関わり、資金、連携、素晴らしい関係性、資源などから、どれほどのことが可能なのかということです。仕事、キャリア、私生活において、すべての要素を活用したり最適化したりしているだろうか、と自分に問いかけたり、まだそこまでには至っていないと思って行動したりしましょう。この3つのことが揃ったら、非常に恵まれた状況になると思います。

(Bulletproof 360のCEOデイヴ・アスプレイとのインタビューから抜粋)


(渡部真紀子)

ジェイ・エイブラハムと学び方

Q: ジェイ・エイブラハムさんの学び方を教えていただけますか?さまざまなことを誰からどのようにして学んできたのですか?

A: 私は非常に恵まれてきました。働き始めたころのことをお話ししましょう。

私が働き始めたばかりのころは、自分には何もありませんでしたので、このくらいの大きさ(約1m四方)で「UCセールス」と書いてある名刺を作成し、インディアナポリスのさまざまな会社に出かけていきました。当時、会社の受付はガラスで仕切られており、このくらいの(数十㎝ほどの)穴が空いていて、名刺をそこから差し出せるようになっていました。

私が受付で「○○様とお話ししたいのですが」というと、「予約されていますか?」と聞かれます。私が「いいえ」と答えると、「どなたといらっしゃいましたか?」と聞かれます。一応周りを見てから、「誰もいません」と答えます。すると、受付係は風変わりな人だという目で私を見ながら、「名刺はお持ちですか?」と聞いてきますので、私は「はい、この名刺を差し上げます」と言います。当然、その大きさの名刺を受付口に通すことはできません。ですので、受付係は、名刺は結構ですと戻さなければなりませんでした。

そのようにして訪ねると、受付係が予約を取れないということになるのは100回に1回くらいでした。当時の私のセールス・トークは、次のような内容でした。「中西部出身、頭角を表わしつつあるユダヤ人の若者、ジェイ・エイブラハムが、非常に競争の激しい世界で成功を収めようとしています。同時に、人生で一番深刻な鼻腔炎に苦しんでいます。」

そうすると、誰もが笑ってくれ、結局、その会社の事業について数時間にわたって話してくれることになりました。私が良い質問をすることができた、ということもありますが。これはとても面白い経験でした。もしその訪ねた会社と取引をしないことになっても、その数時間で私はさまざまなことを学び、同じ業界に属している別の会社に行ったときは、信頼に足る内容を話すことができたのですから。

(Bulletproof 360のCEOデイヴ・アスプレイとのインタビューから抜粋)


(渡部真紀子)
ShimaFuji IEM 翻訳チームの一員。
アメリカの大学でビジネスを学んだ後、帰国して小売り業界で働くが、国際的な仕事への想いが募り、翻訳の道へ。マーケティング関連の翻訳を経て、弊社翻訳チームに加わる。

ジェイエイブラハムの考える仕事に対する姿勢とは?

Q:仕事に対してどのような姿勢で取り組めばよいでしょうか。ジェイさんのお考えを教えてください。

A:まず、仕事に対して情熱を持ちましょう。自分が販売している商品やサービスに情熱を注ぎましょう。また、能動的に行動しましょう。ジェイ・エイブラハム氏によると、アメリカで開業したビジネスの半数は、翌年末には消えているということです。また、次のように述べています。

重要な質問は、もちろん、「これほど多くのビジネスが失敗する原因は何か?」ということです。(中略)私は「受け身」が原因だと思っています。新たに経営者となった人の多くは、積極的に行動して取引先を探すのではなく、誰かが来るのを受け身で待っているのです!
(2016年ビジネスサミット・経営塾テキストより抜粋)

取引先以外にも、ビジネス戦略の策定や実行、顧客リストの活用、販売やフォローアップのシステム構築まで、あらゆる場面で能動的に行動しましょう。これは経営者や幹部だけではなく、従業員も同じです。日常業務において、誰かの指示を待つのではなく、自ら考えて積極的に行動していきましょう。このときに重要なことは、見込み客やクライアントに対して(さらなる)価値を提供するにはどうすればよいのか、という視点を常に持つことです。このように行動すれば、今までとは異なる視点を持つことができたり、新たなアイデアが浮かんだりするでしょう。そして、売上の増加やビジネスの成長につながっていきます。

ジェイ・エイブラハム氏は、「情熱」という言葉を頻繁につかいます。販売やマーケティングをはじめ、ビジネスの世界ではあまり耳にしない言葉かもしれません。ただ、仕事に情熱を注ぐことができないなら、最大限の力を発揮して最高の結果を残せるはずがない。このような想いとともに私たちに語りかけます。

では、今の仕事に対して情熱を持てない場合はどうすればよいでしょうか。次のように述べています。

情熱を感じられる別のものに取り組むことをお勧めします。人生の扉を1つ閉めて、新たな扉を開きましょう!今の仕事を愛しましょう。そうでなければ、新しい恋を見つけましょう。
(引用同上)

非常にシンプルなことですが、仕事に対する姿勢の核心となるものではないでしょうか。


(渡部真紀子)
ShimaFuji IEM 翻訳チームの一員。
アメリカの大学でビジネスを学んだ後、帰国して小売り業界で働くが、国際的な仕事への想いが募り、翻訳の道へ。マーケティング関連の翻訳を経て、弊社翻訳チームに加わる。

 

経営塾テキストも販売しています(先着50冊のみ)

ジェイ・エイブラハムのクリティカル思考とは?

Q.『限界はあなたの頭の中にしかない』やテキストの中ではクリティカル思考という言葉が使われているのですが、どうして批判的思考と訳さないのですか?

A. クリティカル思考の原文は”critical thinking” です。
確かにこの言葉は、ほかの文献などでは「批判的思考」と訳されている場合もあります。

ただ日本語の「批判」という言葉の語源をたどっていくと、世阿弥の『風姿花伝』など、能の古い書物で使われている言葉に行き当たります。当時、能の上演は、室町幕府の将軍、時代が下れば織田信長や徳川家康などの大名がスポンサーとなって行われていました。能を愛好し、文化的な鑑識眼も備えている、地位の高い将軍や大名が、当時社会的地位の低かった能役者に対して、いろいろと勧告したり、批評を下したりします。そんな言葉が「批判」だったのです。つまり「批判」とは、地位や知識などの面で、上位にある者が下位者に対して、あれは良い、これは悪い、と欠点を非難したり、価値を判定するという意味の言葉でした。今でもそのニュアンスは、言葉の中に残っていますね。

これに対してcriticalの語源はギリシア語の「クリーノー」という言葉に基づいており、一番の大本としては「分ける」という意味です。たとえばあなたがギリシア人で、鳥を料理しているところだと想像してみてください。鳥をさばくためには、骨格や関節、筋肉を切り分けていかなければなりません。そうやって切り分けることが「クリーノー」のもともとの意味でした。そこから各部位を判断し、よりおいしい部位を選んでいく。「クリーノー」という言葉も、そこから「区別する」「より好ましいものを選ぶ」「判断する」といった意味が派生していきます。

ですからcriticの本来の意味とは、ものごとの成り立ちや仕組みを理解し、それぞれの要素の役割やつながりを見ていく、ということなのです。critical thinkingも、「上から目線」で誰かを批判する考え方でないことはおわかりかと思います。

たとえばジェイさんは『限界はあなたの頭の中にしかない』の中で

クリティカル思考とは、物事の相関関係を見つける力のことです。1つの事柄が他にい
かに影響を及ぼすか、成果を得ることができるか、それらの可能性について見分ける力の
ことだと私は解釈しています。(p.106)

と言っていますが、まさにこれはギリシア語の意味がしっかりと踏まえられていますね。

さて、このクリティカル思考、私たちはうまく使えているでしょうか。
なぜそうなのか、と成り立ちや仕組みから理解したり、分析したりしようとせず、そうだからそうなんだ、こうなっているからこうなんだ、と無前提に受け入れ、そこから、どうしよう、どうしよう、と考えてはいないでしょうか。
ジェイさんも同書の中で「日本の皆さんのほとんどは、クリティカル思考というものを完全には理解できていないのではないかと察します」と言っていますが、私たちも自分が無意識のうちに「当たり前」だと思っていることや、「こうなんだから仕方がない」と思っていることを見直す必要があるのではないでしょうか。


服部聡子(ShimaFuji IEM 翻訳チームリーダー)
出産・退職後、在宅で働ける資格を身につけるために翻訳を学び始める。
約5年フィクション/ノンフィクションの下訳、ウェブ・ライターを経て、
『限界はあなたの頭の中にしかない』に巡り合い、深い共感を覚え、弊社に。

ジェイ・エイブラハムを推薦する理由1:ナイチンゲール・コナント社社長

ナイチンゲール・コナント社社長ヴィン・コナント氏より

 

私は、世界最大の自己研鑽分野の出版社の1つ、ナイチンゲール・コナントの社長です。
設立時以来、私達は、恐らく国内のトップのノンフィクション作家500名に及ぶ作品を出版致しました。

オーディオ形態で出版した最も売れ行きの良い作品の著者の中には、アール・ナイチンゲール、そして勿論ナポレオン・ヒル、アンソニー・ロビンス、ブライアン・トレイシー、トム・ピーターズ、ジグ・ジグラー、ケン・ブランチャード、そして更に何百人もの著者達がいます。

私たちは、ビジネス、マネジメント、技術開発、起業家精神、投資分野において、長年にわたって優れた出版物の発信源であると認められています。

私は、この手紙のテーマについて、あなたと信頼性を確立するために、私と私の会社についてのこれら全ての前置きの事実をお伝えしております。

この手紙のテーマというのは、マーケティングの天才でありビジネスの成長の専門家であるジェイ・エイブラハムです。

ジェイは、15年もの間、私と私の会社にとっての良い…いいえ、素晴らしい友人です。彼は、私達に数多くの有益なビジネス戦略についてアドバイスをしてくれました。彼は、私達の出版社の最も良く売れている著者の一人です。彼は、何年もの間数百万ドルを生み出した、突破口になる利益補助活動を促進しました。私達が一緒に行った冒険的事業は、大いに成功でした。

あなたにとって更に重要なことですが、私達がジェイと一緒にビジネスを開始する前に、私達は彼、彼の考え、そして実績について徹底的にチェックしました。彼は、プロモーターが言っていた通り、本当に全てのことを達成していました。彼は、自分が知っているという広範囲の知識を全て実際に知っています。彼は、間違いなく、幾万もの成功している起業家達が成長し、繁栄し、そして彼等の競争相手を上回る働きをする手伝いをしました。

私がそう知っているのは、何故かと申しますと、第一に、彼とビジネスをする前に、私達は彼の業績を調べたからです。次に、それらの成功物語の多くは、自分達のビジネスの成功を報告するために、私に手紙を書いたり電話をくれたりした、私の顧客達だからです。第三に、ロサンゼルスでジェイが行っているハイ・レベルのミーティングに参加した何百もの顧客と、私が個人的に話をしたからです。

出版することに恵まれ、幸運にもお会いすることが出来た全ての著者、専門家、印象的な精神の持ち主達全員の内、ジェイ・エイブラハム氏が持っている比類がなく非常に優れた、小・中規模のビジネスの成長に関する理解を持っている人は誰も他にいません。

私がこれら全ての真実であり証明を出来る事実をお話ししているのは、50万人を超えるであろう質の高い起業家達の聴衆に対して、世界規模での電話会議によって主催するハイ・レベルのディスカッション・パネルのために、ジェイがあなたをインタビューすることについてあなたが大いに喜び、完全に安心することのお手伝いをするためです。

私は、ジェイがあなたの精神とお仕事を尊敬していることは分かっています。私は、あなたにこのプロジェクトに参加して頂くために、彼が手紙を書いたか、Eメールをしたか、あなたの事務所に電話をしたか分かっています。私が分かっていないことは、あなたが彼の招待を受け入れたか、または同意したかということです。

もしあなたがジェイの仕事と名声について既によく御存知であれば、私があなたにこの手紙を送ることは恐らく不必要でしょう。あなたは恐らく既に話をし、インタビューされることに合意したことでしょう。

もしあなたがジェイや彼の30年にわたる企業間の世界における多大な影響をご存じでないのであれば、ジェイに真剣に向かい合い、彼がしていることに参加するために、私があなたにこの手紙を書いていることが適切な動機であることを真に望みます。

余談ですが、ジェイは地球上の他の誰かと比べ物にならないほど、世界中の多くのコンサルタント、著者、講演家、コーチ、そしてメンターのお手伝いし、彼らの仕事の成長、成功させ、優位性を高めてきたことでしょう。

私達は、今でもまだ行き詰った時に、アイディアを貰うためにジェイを頼っています。

行き詰まりと言えば、ジェイの「The Sticking Point Solution(邦題:クラッシュマーケティング)」という新しい本が出版されます。その本は、全て殆どの小・中規模の起業家が何故行き詰まったり、停滞したりするのか、そしてその修正方法について書かれています。あなたが彼と話をする際に、原稿を一部貰って下さい。

結論と致しましては、私達の操業49年になる会社と世界中のベストセラーの著者、トップの本のエージェント及び出版社の間での名声の最大限の力をここに出して、私達の親愛なる友人であり、私達の著者であり、そして私達の素晴らしいビジネス・アドバイザーであるジェイ・エイブラハムと一緒に、あなたが何か価値があり良い刺激になることをするのを動機づけることになればと思います。

この手紙が、私が意図したように、あなたに対してプラスの効果を持つことを望みます。

もしお話をしたいと思われましたら、シカゴにいる以下の私の携帯番号に、ご遠慮なさらずにお電話を下さい:XXX-XXX-XXX

敬具

ヴィン・コナント

ジェイ・エイブラハムが『限界はあなたの頭の中にしかない』を書いた理由

Q: ジェイ・エイブラハムの本『限界はあなたの頭の中にしかない』はこれまでのジェイさんの本とはタイプが違うのですが、なぜあのような本を書かれたのでしょうか?

 

A: ジェイ氏の英語は、本来はソフトで控えめ、非常に丁重な口調です。
また、ビジネスのテクニックはあくまでも哲学や本質を語るための実例に過ぎず、原理原則を丁寧に繰り返します。一見あたりまえのように聞こえるが、決してあたり前ではないからこそ、他とは圧倒的に違う成果を残しているのです。その本質部分を優しい口調ですが、非常に深いところまで語り尽くしたのがこちらの本になります。
以下は本人の著作への想いです。

_____________
島藤真澄

フォーブス誌選出全米5大ビジネスコーチ,ジェイ・エイブラハムの
東アジアディレクター(交渉代理人)。日本独占エージェント。
ジェイの『限界はあなたの頭の中にしかない』PHP研究所を企画・翻訳。

 

ジェイ・エイブラハムの本は近々出版予定ありますか?

Q:ジェイ・エイブラハムの「ハイパワーマーケティング」は高額で取引されています。新しい本が出る予定はありませんか?

A:

ジェイ・エイブラハムの著作で、日本語に翻訳されていないものもまだ数多くあります。

ただ、ジェイさんの文章は、非常に英単語の語彙が高度で、英語圏の人でもわからない単語が20%ほどあると言われます。時に韻を含んだり洒落があったり、はたまた中国や日本の古典文学を取り入れていたり、それにプラスして実践ビジネスのワードが入り乱れますので、翻訳力はかなりのレベルを求められてきます。

弊社では、ジェイ・エイブラハム師の哲学や理念を深く理解した内部翻訳スタッフが、一単語に長時間の調査時間をとったりと、丁寧に翻訳を進めています。
そんな作業を経て、「卓越論(strategy of preeminence)」が新な訳で完成しました。

また、最新著の「Abraham 101 」もカドカワにて5月13日出版予定で、校正を進めています。

『ハイパワーマーケティング』『クラッシュマーケティング』共に弊社が版権を取得しました。
順次、原著に忠実な翻訳に訂正を進めています。

2015年出版の『限界はあなたの頭の中にしかない』も、平易な言葉でありながら、ビジネスの基本から深遠な哲学までをカバーしたものとなりますので、テクニックの羅列を求めるオンラインマーケターには向きませんが、リアルビジネスやすべてのビジネスパーソンには自信を持ってお薦めいたします。
限界はあなたの頭の中にしかない

 

島藤真澄 (ShimaFuji IEM代表)

フォーブス誌選出全米5大ビジネスコーチ,ジェイ・エイブラハムの
東アジアディレクター(交渉代理人)。日本独占エージェント。
ジェイの『限界はあなたの頭の中にしかない』PHP研究所を企画・翻訳。

ジェイ・エイブラハムは「引き寄せの法則」を信じているのか?

Q:
ジェイ・エイブラハムさんは「ザ・メタシークレット」に出演されていますが、引き寄せの法則を信じてらっしゃるのでしょうか?少し違和感を感じるのですが。

 

A:
2013年7月、チャイナセミナーの見学に出向いた際、私(島藤)は、
「ジェイさんは、ザ・メタ・シークレットに出演されてましたよね?」
と聞いたことがあります。

私自身は、当時は「メタ・シークレット」も「ザ・シークレット」もあまり興味がなく、観たことがなかったのです。しかしそのソースである、ヒックス夫妻の「引き寄せの法則」は、ほぼ全巻読んでいました。「引き寄せの法則」で、エスター・ヒックスを通して語る意識体の名前はエイブラハムです。(集合体だが仮に呼びやすいようにつけている)
名前まで同じということで、ジェイさん本人の意見を聞いてみたかったのです。
師は一瞬、ギロリとこちらを睨んだように思えました。
「ああ、出たよ。で、あなたはあれを信じているのか?」
と、逆に質問されてしまったのです。

何せ映画を観てないので答えられません。
「映画は見てないのですが、エイブラハムの引き寄せの法則は納得できる部分も多くありました」

ジェイさんは即座に言葉を被せてきました。
「私は信じない」

と。

「???」となりました。
だって、出演しているじゃあないですか!!!
そのあとの会話は、以下のようなものでした。

あの映画の出演依頼が来て、富を増やす法則について話して欲しいということだったので、引き受けた。一人でも多くの人が、富を増やす単純な原理について気づいて欲しいと常に考えているので、それは良い機会だと思った。

しかし、いざ撮影現場に入ると、「努力しなくて願うだけで富が手に入ると話してください」とのことだったので、それは私の信念とは違うときっぱり申し上げた。いろいろあったが、とにかく私は「行動をしなくてはならない」ということを、撮影でも強調した。その内容を変えることは絶対に承認できなかったので、監督とは、現場で大げんかになり、そのまま喧嘩別れになった。結局、彼らは仕方なく、そのまま使ったというわけだ。
マスミ、私は行動をともなわないで成功できるなんてこと、信じない。断じて信じない。

いいかい?
人は誰でも成功できる。誰にでもチャンスがある。
だが、家にいて瞑想しているだけで手に入るものより、行動して手に入るものの方が、断然に大きい。そして、それが生きている証だ。

私は、ずいぶん昔インドでアーユルベーダの修行をしたことがある。相当に厳しい修行だった。だから瞑想についても多少なりとも理解しているつもりだ。瞑想の効果を完全否定をするわけではない。
でも、人は行動をし続けなきゃならない。行動を諦めてはいけないんだ。
お判りいただけましたでしょうか?
単に瞑想することよりも、行動し続けることが富への秘訣なんだと、師は信じているのです。

 

________________
島藤真澄 (ShimaFuji IEM代表)

フォーブス誌選出全米5大ビジネスコーチ,ジェイ・エイブラハムの
東アジアディレクター(交渉代理人)。日本独占エージェント。
ジェイの『限界はあなたの頭の中にしかない』PHP研究所を企画・翻訳。

Entry with Audio

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit. Aenean commodo ligula eget dolor. Aenean massa. Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Donec quam felis, ultricies nec, pellentesque eu, pretium quis, sem.

Nulla consequat massa quis enim. Donec pede justo, fringilla vel, aliquet nec, vulputate eget, arcu. In enim justo, rhoncus ut, imperdiet a, venenatis vitae, justo. Nullam dictum felis eu pede mollis pretium. Integer.

  • Donec posuere vulputate arcu.
  • Phasellus accumsan cursus velit.
  • Vestibulum ante ipsum primis in faucibus orci luctus et ultrices posuere cubilia Curae;
  • Sed aliquam, nisi quis porttitor congue

さらに読む