自分のために世界を良くする

いよいよ5月12日に出る『マネー・コネクション』ですが、日本語版にはジェイさんの日本向けの序文がついています。

その中に、mutual self-interestという言葉が出てきました。
ここでのinterestとは「利益」、self-interestとなると、自分に利益が出るようにすること、そこから転じて利己心、利己主義、自己利益…などの訳が考えられます。ところがこの文章の中では、そのself-interestの前に、「相互の」「お互いの」という意味のmutualがついています。訳すとしたら、「相互的自己利益」というあたりで落ち着くかと思うのですが、これはどういうことなのでしょうか。

これはもともと、アダム・スミスから来ています。高校で習ったかと思いますが、例の「神の見えざる手」のアダム・スミスです。

アダム・スミスはこのように考えました。
人間は本来的に、自己利益を最優先する利己的な存在です。その一方で、人間は社会を形成し、多くの人と共に生活をしています。それは、利己的であると同時に、共感能力があるからです。自分が寒ければ、ほかの人も寒いだろう。自分がおなかがすいているときは、ほかの人も空腹だろう。そういう共感能力があるからこそ、利己的な存在である人間が、社会を営むことができる、というふうに考えたのです。

利己的な人間は、誰よりも暖かい場所を確保しようとし、獲物がいる場所は、自分だけの秘密にしていようと思います。ところが大きな獲物を狩ろうと思えば、自分だけではどうにもなりません。そのとき、ほかの人に「自分の言うことを聞け」とむりやりいうことを聞かそうとするのではなく、また、「お願いですから力を貸してください」と相手の優しさに訴えるのでもなく、別の人に獲物の居場所という秘密を明かし(秘密という利益を相手に渡し)、協力を求めようとするのです。相手も食物が必要で、相手も自分と同じように利己的であることを知っているから、「私に利益を与えることは、あなたにとっても利益になりますよ」と相手の利己心に訴えかけるのです。

「相手に利益を提供することは、自分にとっての利益になる」ことを知っているから、私たちは誰かに何かをしてほしいとき、先に利益を相手に提供する。これが「相互的利己主義」ということです。

ジェイさんは卓越論をはじめ、さまざまな場面で「あなたの利益よりもクライアントの利益に焦点を当てなければならない」といったことを繰り返し言っていますが、これは博愛主義でもなく、利他主義でもありません。まさにこの「相互的自己利益」から言われていることなのです。自分同様に自己利益の追求に余念のないほかの人に、まず利益を提供することによって、自分のビジネスの成功を持続可能なものにしていこう、ということなのです。

最近、よく耳にするようになった言い方に「世界を良くする」という言い方があります。自分の仕事を通して、世界を良くする、という考え方自体は、非常にすばらしいと思うのですが、でもその「世界を良くする」ことの目的は、一体何なのでしょうか?

「世界を良くする」というのは、それだけで良いことなのだから、それ以外に目的など必要ない…というのが、おそらく「利他主義」や「博愛主義」といわれるものでしょう。

けれども、たとえば地域の治安が悪くなって、誰も安心して出歩けないようになったら、うちの店のお客様も減ってしまう、そうなったら困るから…という利己的な理由で、自分の店の前だけでなく、近所一帯をきれいにし、切れた街灯がないように気を付け、落書きを消したり、割れたガラスを取り替えたりすることも、小さなエリアではありますが、「世界を良くする」ことではないでしょうか。そうしてそれは、抽象的な大義名分をかかげて立派なことをしようとするより、よほど長続きするものなのではないでしょうか。

なにしろ「利己心」というのは(アダム・スミスによると)人間の基本的な性質のひとつなのですから。


ハットリサトコ
ShimaFuji IEM 翻訳チームの一員です。出産・退職後、在宅で働ける資格を身につけるために翻訳を学び始めました。
約5年フィクション/ノンフィクションの下訳、ウェブ・ライターを経て、『限界はあなたの頭の中にしかない』に巡り合い、深い共感を覚え、ShimaFujiIEMのチームに加わわっています。