ジェイ・エイブラハムと人間性の哲学

Q: ジェイ・エイブラハムさんの人間性の哲学についてお尋ねします。あらゆるタイプの人とそれほど簡単に、深く、自然体で関わることができるのはなぜですか?どのようにして会話を始めたり、質問をしたりしているのでしょうか?

A:
1つ目の答えは、私は人間が大好きだということです。

2つ目の答えは、人に対して、非常に批判的になることもありますが、非常に寛大でいることもできるからです。

3つ目の答えは、誰一人として同じ現実を持っておらず、誰一人としてある物事に対する同じ定義を持っているわけではないということを認識しているからです。

4つ目の答えは、ほとんどの人は、方法さえ知っていれば今よりも優れた人間になれる、ということが私にはわかっているからです。人というのは、平凡でいたくはないのです。

5つ目の答えは、私はまず、人々がどのように人生をとらえているか、ということを非常に真剣に認識し、理解し、観察し、評価し、感謝し、認めようとします。なぜなら、それがその人の現実だからです。

6つ目の答えは、誠実な人となら、どんな人と関わるにしても、私には救いようがないくらいの好奇心があり、救いようがないほど人に惹かれるのです。誠実な人とは、私が好きではない人の場合もありますし、腹立たしく思うこともありますが、心の中は誠実だということです。自分自身に対して不満に思っているだけかもしれませんし、それすら気づいていないかもしれませんが、私はその状況を乗り越えたり、切り抜けたり、受け入れたりします。

私は自分のことを「変革のための触媒者」だと思っていますので、ロールモデルになることが私の役目です。どんなことでも、言葉で話すことは、実際にやってみせることほど効果的ではありません。実際にやってみせるというのは、たとえば、自分がロールモデルなのに目的を持っていなかったら、自分の理想や信念に対する取り組みを欠いているということです。私はさまざまな人の人生に関わっていますので、関わる人すべてを豊かにするために力を尽くしています。その人たちが騒いだり、その人たちについて称賛できないこともあるかもしれませんが、向上していきたいと思っていることはわかっていますし、私やその人自身と闘っているだけかもしれません。

私はそれほど信仰心が厚いわけではありませんが、信仰心が厚ければユダヤ教徒ということになります。ただ、キリストの「彼らをお許しください。自分たちが何をしているのか知らないのですから」という言葉が好きです。

徹底的な皮肉屋、巧みな言葉づかいばかりして不誠実な人、清廉潔白ではない人に対しては、非常に批判的になることもできます。しかし、ただ何かを見失っている人、いわば、論理的なプロセス上の方位磁石が自分自身のせいで磁気を帯びなくなった人に対しては、その人の気持ちに寄り添いたいと思うのです。

多くの人は、自分とビジョンを共有しない人に対して、拒絶したり、言い争ったり、否認したりしようとします。 私の場合は違います。現在の私のように世界中を旅するようになると、数え切れないほど多くの人が、数え切れないほど多くのことを世界中で行っているということがわかるでしょう。また、暮らし、価値観、道徳観、地理、文化、食べ物などあらゆることには、それぞれ数え切れないほどの多様性があることもわかります。ですから私は、相手の目的や意図以外のことで物事を判断することはほとんどありません。

以前は、現在ほど情け深い気持ちを持って対応するということはしていませんでした。両刃の剣を使って完璧な外科手術を行うように、相手を打ちのめすこともできました。もしそうされるのが当然の人ならば、ということですが。しかし、年齢を重ねるにつれ、人間の多様性について、人間の愛すべき欠点について、人間の奥深くにある、報われないこともある欲求について、尊敬の念を抱くようになってきました。そのようなことに心が引きつけられるのです。そして、人々を上のレベルへ上げようとすることに魅せられています。

どのようすれば、そのように人と関わることができるのでしょうか?

まずは、話を聞くことです。聞くこと、認めること、そして尊敬することです。多くの人たちは、お互いに対してそのようなことをしません。そして、その瞬間にその場にいる、ということです。自分が何を言うかなどと悩んだりしません。相手との関わり合いから、言ってみれば自然に流れるままにするのです。繰り返しになりますが、人間は誰もが魅力的な存在だと私は思っています。

男性、あるいは女性を見て、誰かの息子や娘だろうと思い、小さいころは、幸運なら無邪気に過ごしたでしょうし、そうでなければつらい思いをして過ごしたでしょうが、そのような経験によってその人は強くなり、現在に至るわけです。

その現時点から、私の力を添えてさらに良い場所へ上がれるなら、私はそうすべきなのです。なぜなら、私はそうしたいと思っていますし、その能力があるからです。できるかぎり上の場所、ということではなくても、現時点よりも高い場所に上がってもらいたいと思っています。これは、人生における人間性、貢献、達成、バランス、喜び、情熱、目的、可能性、愛などにおいて、ということです。あなたは、驚くほど爆発的なレバーを持つことができます。1人を手助けすれば、その人が向上していくとともに、関わり合う周囲の人たちも向上していくのです。

(ディスカッション・グループの記録 “7-1/2 Minutes of Clarity”より)


(渡部真紀子)
ShimaFuji IEM 翻訳チームの一員。
アメリカの大学でビジネスを学んだ後、帰国して小売り業界で働くが、国際的な仕事への想いが募り、翻訳の道へ。マーケティング関連の翻訳を経て、弊社翻訳チームに加わる。


注目記事