ジェイ・エイブラハムの収益化のノウハウについて

Q:ジェイ・エイブラハムの収益化のノウハウをできるだけ簡単に教えてください。

 

A:
「売上げを構成する要素はいくつあると思う?」
若い頃、ジェイはメンターにそのように聞かれたそうです。

「100ほどでしょうか?」と答えたそうです。そのメンターは(かつての上司です)、
「いや、3つだよ。たった3つ」と教えてくれたとの事です。そのことに衝撃を受けたジェイは、ずっとその基本の教えを大事にし、進化させてきたと言います。

3つの要素とは、「顧客数」×「顧客単価」×「頻度(回数)」=「売上」です。

誰でも知っている要素かもしれません。しかしジェイの真骨頂は、この一つ一つに徹底的にこだわり、テストし、執着することです。その徹底した姿勢から、コストをほとんどかけずに、売上げを何倍にも増加させてきたのです。

人々はただなんとなく「売れない」「業績が伸びない」と嘆いているだけです。周りと同じくらいの成績で安心し、業界全体が沈んでいると、自分だけが悪いわけではないと安心してしまします。しかし、ジェイは数多くの業界を渡り歩いてきた経験から、あるときふと、”ほとんどの人は自分の業界以外のことは何も知らない”ということに気がつきました。それからは違う業界のアイデアを次の業界に持ち込んだり、全く違う業種同士を提携させてみたり、ということを重ねていくことで、業績を飛躍させてきました。3つの要素に徹底してこだわることで、そのような発想の転換が可能になったのです。

ジェイは工場最適化のエドワード・デミング博士からも直接学んでいます。その時に工場工程の最適化を学んだジェイは、生産工程だけではなく、あらゆる部署にその考え方を用いました。その結果、例えばお客様窓口でのクレーム対応がうまい人、クロージングがうまい人、初回電話がうまい人、などの特性をきちんと把握し、その人の特性に応じた仕事を割り当て、苦手なことはやらせない、という徹底した姿勢で、細かく最適化をしていきました。

こうした事細かなきめ細かい徹底した姿勢により、各要素ごとの数字をわずかずつアップすることで、やがて大きな飛躍となったのです。

1.1×1.1×1.1= 1.33… あっという間に30%の売上アップです。

その具体的な手法や使い切れないほどのアイデアは、ジェイエイブラハムのセミナーでテキストでもらえます。
たった一つのアイデアを採用しただけで、2ヶ月で売上げ1.5倍、利益が2倍になった方もいます。

 

______________

島藤真澄 (ShimaFuji IEM代表)

フォーブス誌選出全米5大ビジネスコーチ,ジェイ・エイブラハムの
東アジアディレクター(交渉代理人)。日本独占エージェント。
ジェイの『限界はあなたの頭の中にしかない』PHP研究所を企画・翻訳。

 

 


注目記事